News RSS



「ハーディ・ガーディ」の木製組立キット『UGEARS Hurdy-Gurdy』が到着!

クラウドファンディングサイト「kickstarter」で出資してた、ハンドルを回して演奏する木製楽器「ハーディ・ガーディ」の組立てキットが届きました。>UGEARS Hurdy-Gurdy今年の6月27日に出資が始まったこのUGEARSのHurdy-Gurdy、目標金額は$15,000だったのですが、最終的に$288,326集めることに成功。当初は10月予定でしたが、ちょっと遅れて11月の上旬に届きました。>UGEARSちなみに、このHurdy-Gurdyですが、UGEARSの日本語サイトにも近日入荷予定なので、これから購入される方はそちらから購入するのがよさそうです。オフィシャルサイトはこちら>Ugears Hurdy-Gurdyこちらがパッケージ完成イメージと中の部品がちょっとだけ見えます。完成イメージを見るだけでもわくわくしますね。こちらが全パーツ各パーツは0.01mmのレーザーでカットされており、押し出すだけでパーツを取り外すことができます。それをネジや接着剤などまったく使わず、全てこの木のパーツだけで組み立てていきます。マニュアルは全てイラストで作られていて、パーツの番号も細かく記されているので特に困ることなく最後まで組み立てることが出来ます。組立てにはハンマーがあると便利なのですが、このハンマーも木のパーツを組み立てて作ります。ハンマーが完成したので、さっそく作っていきます。組立てながら、ギアの部分などは付属の紙やすりを使い凹凸をなくしていきます。とりあえず、一つのパーツが完成。こんな感じに残りのパーツも組みたて組み合わせていきます。ギアの部分。組み立てる途中でも動作を確認するとすごい楽しいですね。ボディがほぼ完成。装飾を追加し、次はネックの部分を作っていきます。ほとんどのパーツが完成し、後は組み合わせます。ナイロンの弦を貼り完成!こちらは、ハーディ・ガーディの音を出すために必要なロジン。このロジンをホイールに塗り、そのホイールを回転させ弦を擦ることで音が鳴ります。そして、完成したのがこちら!購入するきっかけがその洗練されたデザインだったのですが、やはり美しい!完成までにかかった時間は5時間ほど。2日間に分けて作りました。専用のスタンドももちろんパーツを組み立て作ります。ちなみに、完成した後ですが、パーツが結構あまってました。予備のパーツと思うので、途中でもし失敗した場合は予備パーツがないか一度チェックして見ましょう。こちらは実際に演奏している様子。まだまだ自分はまったく弾くことができないので、とりあえず簡単な曲が弾けるように練習したいと思います。

続けて読む



ハーディガーディを作ろう(キット編)

● ハーディガーディを作ろう(キット編) ●キットならきっとうまくいく(C) 2017 CRANE Home Page / Makoto Tsuruta  - SINCE 1995 -Ver.1.3.5        帰ってきた [ CRANE 弦楽器製作キット編 ]   ● え~~~、ごく最近のことなのですが、ハーディガーディのキットが登場しました! アメリカの UGEARS社による小型の弦楽器。日本でもそろそろ入手できます。鶴田はいち早く入手してすでに組立を終え、短いデモ演奏も録画しました。結論からいえば、非常にユニークで工作の楽しさとパズルの謎解きと演奏の楽しみがひとつになった面白いキットです。これはクレーンとしてはゼヒとも紹介せねばならん!そんなわけで、15年ぶり?に楽器作りのコーナーを設けました。名付けて 「ハーディガーディを作ろう(キット編)」← そのまんま。 この楽器、全長約44cmとコンパクト! 場所もとらずインテリアにうってつけ!? いえいえ、ちゃんと演奏できますよ。デザインもカッコイイ!その昔、鶴田が公開した「ウクレレキット再入門」のコーナーと同様に、ステップごとに説明して進行していきたいと思います。え? そんな昔のこと忘れたって? いいんです。いいんです。見ればワカルようにいきますんで。このキットにはマルチリンガルな詳しい説明書が付属します(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、鹿児島弁 ... )。残念ながら日本語の説明は無し。それで、鶴田がテキトーに日本語に訳しつつ、補足説明を加えつつ、そして実際に私も2本目を作りながら「ここは要注意」とか、「こうしたほうがいい」とか「これは手順を変えるべきだなぁ」等を解説していきます。付属の組立説明書に書いてないことを書かねば意味がありませんからな。とくに調整(調弦の説明やコットニング)は大事です。音程がおかしいので修正方法も説明します。完成後はガット(羊腸)弦に交換し、改造記事も追加予定です。皆さんも一緒に作りましょう! キットならきっとうまくいく。      ● STEP 0:はじめに ■ はじめに■ ハーディガーディのキットを入手しょう■ ハーディガーディのキットの仕様と特徴(なりたち、構成、仕様、価格)■ そもそもハーディガーディって何?■ たんにキットを組み立てるのはつまんない?■ ケガにだけは御注意ください。 ・2017年12月4日     ● STEP 1 :組立説明書と下準備 そろそろキットは届きましたか? 到着を待つ時間も楽しいものです。その前に読んでおいて欲しいことをあれこれ書いてみますた。 ■ このキットの組立説明書について(日本語訳をつくりました) ■ 先にやるべきコト■ 失敗しそうなトコロ■ 接着部分について(自己責任部分)■ その他 ・2017年12月9日   ● STEP 2 :ホイールの組立 最も大切なホイールです。音量や音色にも影響します。しっかりサンディングしてなめらかにします。 ■ ホイール板のピン留め ■ ホイールをサンディングする■ ホイールの軸を組む ・2017年12月14日   ● STEP 3 :ボディの組立 歯車のバリ取りとロウ塗りは地味で根気が要りますが基本にして重要な作業です。 ■ ホイール軸受ユニットの組立て ■ 演出歯車の組立て■ ボディ組立て ・2017年12月16日   ● STEP 4 :ブリッジとクランク歯車周辺の組立 随所にこだわりと味のあるギミックが見られるキットです。よく考えて設計してあります。様々なTipsもまじえつつ解説しました。 ■ ブリッジユニットの組み立て ■ 表面板にブリッジを取り付ける■ テールピースユニットの組み立て■ クランク歯車の組み立て ■ 歯車の欠けの補修例■ 表面板でハコを閉じる ・2017年12月20日     ● STEP 5 :ブリッジとクランク歯車周辺の組立 驚いたことにキーにはスプリング機構を備え、糸巻きはまさかの機械式変速2ギア、ドローン弦にリフター装備、キー戻りノイズミュート機構、などなど開発チームの遊びっぷりが発揮されています。深いコダワリ、奇跡のキットを堪能すべし。 ■ キーの組立て■ 糸巻の歯車の組立て■ ペグボックスの組立て■ キースプリングの組立て■ キーボックスの組立て ・2017年12月22日   ● STEP 6 :近日公開(準備中) 次はペグとクランクハンドルの組み立て、そして遂に組み立て完了です! ■ キーボックスと糸巻を作ります ■ 準備中■ 準備中■ 準備中 ・2017年●月●日     ■ 「Jingle Bell」:ハーディガーディ演奏サンプル 演奏(鶴田誠)     December 21, 2017   ・最終更新日 :2017年12月22日

続けて読む


INSTAGRAM をチェック
Sale

Unavailable

Sold Out